日本語版

Rutchik弁護士はLaw offices of Gregory Rutchikの創始者パートナーの一人です。同事務所では創作者、技術者、ビジネスの代理人として法廷裁判、契約法業務を行っています。
経歴
学歴
米国弁護士連合会メンバー
出版物
訴訟弁護
契約処理
代理業務
顧問業務

Rutchik弁護士はソフトウエア、情報技術の商業化、開発、販売における様々な契約書の作成、交渉を主な業務内容としており、同時に、一般商業と法的契約問題、版権 全般と流通契約、技術開発と保守契約、技術関係コンサルティングサービスの契約、通信事業と複雑な情報技術委託契約、なども手がけてきています。また顧客リストにはにはインフラストラクチャー サービス会社、エンベッドOS開発会社、一般消費者向け製品からPalmソフトウエア アップリケーション等の公営民営両組織に渡ります。詳細は当サイトの顧客リストをご覧ください。

Rutchik弁護士はビジネスディベロプメントの経験を生かし、顧客とパートナの関係構築、その維持に対するサポートも行っています。

経歴
1993年末、Arts and Technology Group®は芸術、(主に映画)、ソフトウエア、情報技術関係のクライアント業務の統合を行うべく設立されました。法廷弁護士としてすでに業務を始めていたRutchik弁護士はArts in New York City のボランティア弁護士として作曲家、映画製作者、また芸術関係団体の弁護も兼業してきました。その後、80年に渡る歴史を持つ、ニューヨーク市Ostrolenk, Faber, Gerb and Soffenにアソシエイトとして勤務、特許、商標権、著作権を主な業務とし、半導体特許、商標権 、著作権の訴訟に主に携わりまた。またニューヨークSouthern Districtの連邦地方裁判所にて映画製作者の侵害防止のために代理人を務めTRO終局差し止め命令を勝ち取りました。

1998年にRutchik弁護士はカリフォルニア パロアルトのInformation Technology Practice Group of Cooley Godward LLPに移り、契約書作成、版権の交渉とアドバイス、販売、開発、スピンアウト、またその他のソフトウエアや情報技術の顧客に対しての商取引などを行い、Cooley Godwardの顧客である、noosh.comやインフラ ストラクチャー マネージサービス会社であるLoudcloudの副相談役を務めていました。
戻る

学歴:
Rutchik弁護士はニューヨークSaratoga SpringsのSkidmore Collegeにてアメリカンスタディーを専攻、1987年に学士号を取得。その後1992年にペンシルベニア州フィラデルフィア、テンプル大学法学部、Beasley School of Lawを卒業。学部長優秀学生の一人として選出される。同年1992年から1993年にかけてフルブライド研究員として東京大学法学部に在学。日本の情報技術会社による技術契約を主に研究。フルブライドでの研究終了後その研究結果をJapanese Research Projects and Intellectual Property Rights (US Commerce Department, 1996) として発表。
東京在住経験4年、日本語は堪能。フランス語にも精通。世界各国の旅行経験も豊富。
戻る

米国弁護士連合会 会員
Rutchik弁護士は米国弁護士連合会及び、カリフォルニア州、コネチカット州、ニューヨーク州、コロンビア特別地区の弁護士連合会会員。またCentral Pacific Regionの名誉毀損防止組合の役員も務めています。
戻る

出版物
Rutchik弁護士は下記のように多方面において出版物を発表しています。
Japanese Research Projects and Intellectual Property Rights (US Commerce Department, 1996) (1996米国通商産業省)
The Protection of Digital Works under Japanese Copyright
The Euro: Are You ready? (Cooley Godward)
United States Transfer Pricing Rules, 米国振替価格操作法 IPBA, May 1993, Co-Author with Joseph H Guttentag, Esq. (former Director of US Department of Treasury, International Division and Senior Partner, Arnold & Porter)
戻る

訴訟弁護
Rutchik弁護士はカリフォルニア州連邦また州裁判所において下記のような調停、仲裁弁護 業務を提供しています。
契約不履行
名誉毀損
著作権違反
著作所有権
企業秘密の不正利用
商標権侵害
契約の国際干渉妨害
不公平貿易慣行
差し止め請求権

裁判中における訴訟停止書
通常、企業または個人が訴えを起訴まで持ち込むことは費用、またビジネスへの影響を考慮すると決して望ましいことではあ りません。しかし、利益が危ぶまれたり、双方が論争の解決を見出せない場合、Rutchik弁護士は裁判に於いて適切な行動を取ることができます。またこのような場合にRutchik弁護士は依頼人と円滑な連絡を取り、訴訟に対する適切なアプローチを戦略的に考案、アドバイスの提供また、訴訟時の費用を最小限に抑えるようにも努めます。契約締結前にJAMS調停、AAA仲裁の弁護の経験もあるRutchik弁護士に契約書の確認を依頼することにより契約上の落とし穴を避けることができます。
戻る

契約法処理 (業務処理)
Rutchik弁護士はソフトウエアや情報技術の商業化、開発、販売においてのさまざまな契約書の作成、交渉を主要業務としています。また同弁護士は過去、一般商業用契約法に関する問題、版権 、販売契約、技術開発、保守協定、技術関係コンサルティングサービスにおける契約、電気通信サービスや情報技術の業務委託契約なども扱ってきました。顧客にはインフラストラクチャサービスプロバイダー、, テレコムサービスプロバダーエンベッド OS開発、一般消費者向けPalmソフトウエアアップリケーション等、公営民営組織の数々の商業が挙げられます。詳しくは顧客リストをご参照ください。
戻る

代理業務
顧客側取引
Rutchik弁護士はFord購買部、Estee Lauder, Citigroup’s Atriax proprietary trading entity, Network Appliance, the NSA, また Charles Schwab等、百万ドルにも及ぶ情報業務委託契約を締結してきました。これらはサービス レベルの問題、性能保証、輸出、機密保持問題も含み、数多くの末端消費者版権 契約書の作成、流通・サービス契約書の作成ならびに交渉、一般消費者向けソフトウエア、マーケティング、メディア関係のクライアントの顧客との契約の締結を助けてきました。
パートナー側取引
Handmark 流通契約(aka Handspring)
Logistics (Palm OS 関係同梱契約)
Akamai 流通経路パートナー契約
AOL統合、流通契約
ATT マスターデーターセンターサービス契約
Compaq戦略提携・優先ポロバイダー契約
EMCマスターサービス契約
Equinixデーターセンターサービス契約
Gartner 分析・情報サービス契約
Giga 情報サービス契約
Goodby Silverstein Advertising and Media Placement Agreement
Internapマスターサービス契約
MCI World-Com データーセンターサービス契約(データーセンターまた国内通信帯域幅)
Microsoft アップリケーションサービス、ソフトウエア契約
Oracle ソフトウエア、サービス契約
TIBCOソフトウエア、サービス契約
Veritasソフトウエア、サービス契約

顧問業務
Rutchik弁護士は下記の事項において商品・技術開発のアドバイスを行っています。

オープンソースソフトウエア
暗号化とセキュリティー(保守)
US-EU Safe Harbor (privacy) application process
フランス・ドイツ プライバシーに関する方針、trustee.org Certification
ソースコード版権と条件捺印証書
特許、著作権においての版権と訴訟
Rutchik弁護士はThinking Machine’s Patent Portfolioの世界版権と訴訟戦略のサポート行いました。
Rutchik弁護士は連邦裁判所 (SD NY) での映画プロデュサーの著作権をめぐる問題でプロデュサーの代理人として訴訟行いました。
訴訟援助、契約解釈